支援学級の人事①…言わせてもらえば!その②     


4月に転勤をして、新しい職場でも…支援学級の担任となりました。

今回は、転勤前の学校の話です。

前の学校の支援学級にいる子どもたちは、重度の身辺自立ができない子や重度の自閉症の子たちがいました。その子たちは全て女の子!

当然、誰か1人は必ず付きっきり状態です。

私が担任をしていた子は、オムツをしているし…給食もひとりでは食べられない子です。

小学校に入って、やっと少し歩けるようになりました。うれしいことに…私がいた2年間で、バギーなしで、手を繋いで…みんなと一緒に遠足にも行けるようになりました。

この学校には、トイレに自分で行けるけど…失敗したり、拭けなかったりする女の子は3人!

支援学級は三学級、三担ですが…私以外の担任は男性! なので、女の私がその対応を全てしなくてはいけないかったのです。

一緒にやってる男性の先生は…女性しかトイレの対応は出来ないんだから、やって当然でしょ!…と!

そして、一言!「ぼくは、国立まで出て…安い給料で、なんでこんな事(支援級)せんといかんねん!」と宣うた。

私は、もっと安い給料で(笑)…1日に何度も1Fから4Fまで、行ったり来たり!
放課後にはへとへと!
いくら体力的にしんどくても、学習支援の子どもたちの教材を作らないといけない毎日!

夏は夏で、プールの女の子の着替えは女性しか出来ないでしょう!と夏休み毎日がプール当番!

おかげで、私は…全身、真っ黒焦げ(笑)!

この人事って、おかしくないですか???

女の子のデリケートな対応が多いなら、担任に女性の先生を増やすべきでは…。 周りも見て見ぬふり!

これって、有りなんでしょうか???

管理職は、そこまで考えてない!というより…現状把握ができていないようです。 人事権のあるトップに、もう少し…支援学級の知識を持って、人事を考えてもらいたいものです。

すみません!ほとんど、いえ!…すべて愚痴です。
そして、私だけでなく…支援級の先生も鬱憤が溜まっているのも事実です。

愚痴を言いながらも…楽しかったり、うれしかったこともたくさんありましたが…。←これがあるから、やめられない(^^ゞ

しか~し、その鬱憤を講師の私にだけに向けられるのは…御免被りたいものです。

この年の担任は3人とも、あえて、この学校を去りました。頑張っても、頑張っても…その頑張りを、職場で誰にも分かってもらえなかったからです。

嫌みな事を言った男性も、すごく仕事が出来る人で…保護者からの信頼も厚かったです。でも、嫌みを言わなきゃ~やってられなかったんだと思います。

今年度、全員がいなくなり…支援級の保護者は不安を訴えに行ったとか⁈

担任がコロコロ変わる!って、変更が苦手な子どもたちにはキツ~い(⌒-⌒; )

さて、次の学校ではどうなんでしょうか?
また、次回に…。

 


(夜の学校です。)

ブログランキング! ポチっとしていただけると、思いを届けるブログを続ける…励みになります!

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ

コメントを残す